お申込 お問合せ/資料請求
twitter facebook rss

ダイビング器材の価値

Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

equipment001025
ダイビングを安全になおかつ快適に楽しむには自分にピッタリの器材が欠かせない。
できれば最初から全部自分の器材をそろえて講習を受けることが理想です。
それは何故か?
今後ダイビングを続けていくには、器材が必要不可欠です。
少しでも早く自分の器材に慣れていることが、上達の早道。
「とりあえずダイビングがどのようなものか体験してみたい」という人にとって、すべての器材を購入することは負担が大きいでしょう。
でも、レンタル器材を使ったせいで「海の中で動きづらく、ダイビングの楽しさがわからなかった」ではもったいないですね。
しかし、器材と一言でいっても高価なものですので躊躇してしまいますようね。
信頼できるショップとよく相談し、納得してから器材を買うことが大切です。
まずは、軽器材(マスク・スノーケル・フィン・ブーツ・ウエットスーツ)は自分の体に合った(フィット)ものを購入するようにしよう。

 

 g01  マスク
水中で視界を確保するための器材。人間の目は水中でははっきりと物が見えないのはご存知ですね。マスクをつけて目の前に空間を作ることで水中でも物が見えるようになるのだ。写真のようにレンズが左右に分かれている2眼タイプと、レンズが1枚の1眼タイプのものがある。水泳のゴーグルと違うのは、鼻を入れるノーズポケットがついてること。
 meister_mini_snokel  スノーケル
顔を水につけていても楽に呼吸ができるもの。
水面を泳ぐときなどに使用する。タンクの中に入っている空気には限りがあるため、水面ではなるべくスノーケルで呼吸をし、タンクの空気を節約することがおすすめ。
 9f2d0d0f994492754ce86d716b3be874  フィン
水中でイルカのようにスイスイと泳ぐために必要となる器材。
水中での動きやすさや快適さは、このフィンによって決まるといっても過言ではない。脚力やダイビングスタイル、レベルによって適したフィンは変わってくる。
 04daef31f2b95902d8cc038d0032a018  ブーツ
ビーチや岩場を歩いてケガをしないように、またフィン擦れを起こさないように、足の保護を目的としたもの。冬場や寒冷地でのダイビングでは、保温のためにも欠かせない。
 GW6027_blue  ウエットスーツ
水着の上から着用する、体の保温と保護を目的としたスーツ。体とスーツの間に入った水が体温で温められ、それが断熱材の役割を果たすので、体を保温することができる。生地の厚さも3ミリ、5ミリ、6.5ミリと種類があり、半袖、長袖など形もさまざま。これらを組み合わせることで、幅広い水温に対応することができる。
 hispec_d1  ドライスーツ:
スーツの中に水が入らないように首と手首の部分がしっかりとシールされている。ファスナーも防水ファスナーという特殊なものを使っている。体が濡れないぶん保温力もあり、国内で1年中ダイビングを楽しむうえでの必需品。ただし、使い方にちょっとしたテクニックが必要なので、初めて使うときはインストラクターにしっかりと使い方を教えてもらうようにしよう。
 P18_Hybrid   BCD
水中で浮力をコントロールするために欠かせない器材。中に空気を入れたり出したりすることができる、いわば浮き袋のようなもの。左肩についているパワーインフレーターの先端についた2つのボタン(給気ボタンと排気ボタン)を使うことで空気を入れて体を浮かせたり空気を抜いて体を沈めたりすることができる。
 416134_mr22abyss_01  レギュレーター
水中で呼吸するために必要不可欠な器材。タンクの中に入っている高圧の空気を、まわりの水圧に合わせて呼吸できる圧力にまで自動的に調整する仕組みを持つ。最近のレギュレーターは、水中でも陸上と変わらず自然に呼吸できるほどのスグレモノ。
■器材のオーバーホールのご相談はこちら
 414423_img_01   ゲージ
タンクの中にどれくらい空気が残っているか、どれくらいの深さを潜っているのか、どの方向に進んでいるのか。安全にダイビングを楽しむために常に知っておきたいこれらの情報を知るための計器がゲージ。3つ並んだ三連タイプのものと、コンパスと残圧計だけの2連タイプのもの、残圧計だけを独立させたシンプルなものなどさまざま。
416542_octinstinct オクトパス
バックアップ空気源として大切な器材のひとつ。
バディのエア切れ時に素早く渡せる様にトライアングルゾーンに保持しよう。
 414166_matrix01  

ダイブコンピューター
水深の変化に対応しながら、安全に潜れる時間があとどれくらい残っているかを計算し表示してくれる。陸上でダイビングのシミュレーションができたり、潜水時間や水深を記録しておくログメモリー機能もついている。ややこしい計算をすることなく安全にダイビングを楽しむことができるので、とても便利。
■電池交換の相談はこちら

 mesh_bag  

メッシュバッグ:
全ての器材をひとつにまとめて運べることが出来る優れもの。
乾きやすく、丈夫なメッシュタイプのものをお勧めします。

 marine_gloves  

ダイビンググローブ:
ダイビングシーンでグローブは欠かせない。
潜行ラインを素手で掴んでケガをする恐れがありますよね。
手を守るためにも必要なアイテムです。

■1年に1回(100ダイブが目安)器材のオーバーホール
■器材のオーバーホールのご相談はこちら
■無くてはならない小物たち

equipment001001

Bookmark this on Google Bookmarks
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

©Since1984 SevenSeasMarineClub All Rights Reserved.